ホリスティック栄養学とストレスケア

ストレス栄養学ベースの健康管理&セルフケア情報満載!

自然なデトックス効果で体調を改善してくれる果物や野菜類

体調を改善してくれる果物や野菜類

体調を改善してくれる果物や野菜類

最近なんとなくだるい、気分がすぐれない、体調がイマイチ・・・。そんなことはありませんか? もしかしたら、体内にありがたくない有害物質がたまっているのかもしれません。

新鮮な野菜や果物は、ビタミンやミネラル、抗酸化物質、食物繊維が豊富で、身体が本来もっている、自然なデトックス力(浄化/解毒/排泄)をサポートするように働きます。これらの野菜や果物は、あなたの身体が毒素を取り除くのを助けるだけでなく、あなたがハッピーで健康的な生活を送るために必要な栄養素も供給してくれます。

有害物質や毒素の除去を助け、あなたの体調を整え、気分を改善するのにも役立つ野菜やくだものをいくつかみていきましょう。

 デトックス法の定番【レモン】

レモンは、あらゆるデトックス法に登場してきます。その最大の理由は、レモンには抗酸化ビタミンの代表である、ビタミンCが多くふくまれているから。

ビタミンCは、解毒をはじめ、多くの代謝にとって必須である栄養素であるばかりか、ありとあらゆる疾病、老化の原因となるフリーラジカルの除去に働きます。さらに、柑橘系の果物は、体内のpHバランスの調整、回復し、免疫システムに利益をもたらしてくれます。

朝おきたら、ぬるま湯にレモン半分を絞り入れて、ゆっくり飲む。毒素を洗い流し、各器官をクレンズし、一日のスタートをきりましょう。

 肝臓・腎臓のデトックスに効果バッチリの【クランベリー】

 クランベリーは肝臓での解毒を促進することによって、体内からの毒素排出に役立ちます。クランベリーは、また、腎臓のクレンズ、尿路感染や膀胱炎にも効果があるとされます。

クランベリーは、ビタミンA、B1、B2、B3、B5、B6、Cに加えて、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄、葉酸、カリウム、ナトリウム、セレニウムを多くふくんでいます。

これら栄養素の多くは、健康な肝機能のために不可欠です。肝臓は、体内で最大の解毒/デトックス器官であり、体から毒素をスムーズに排泄するには、肝臓の適切な働きが不可欠です。クランベリーの高い抗酸化レベルは、肝臓の解毒プロセスをサポートしてくれます。

 デトックス効果のみならず、良い脂肪の宝庫 【アボカド】

 アボカドには、体が有害な毒素を排出するのを助ける抗酸化物質が豊富にふくまれます。 栄養素豊富な食品であるアボカドには、肥満、糖尿病、心臓病のリスクを減らすのに役立つ約20種類のビタミンとミネラルもふくまれています。

アボカドは、“良い脂肪”の宝庫であると同時に、脂肪分解酵素であるリパーゼをはじめ、アミラーゼ、セルラーゼ、プロテアーゼ、SODほか、多種多様の酵素がふくまれています。

また、ビタミンEもずば抜けて多く、アボカドに匹敵するビタミンEの含有量をもつ食物はほとんどないといっていいほどです。強力な抗酸化作用、血栓予防、疲労の緩和などの作用とともに、酸素供給を増やし耐久力アップにも働いてくれます。

 デトックス野菜の代表格。ブロッコリーなどの【アブラナ科の野菜】

ブロッコリーやブロッコリースプラウトをはじめとするアブラナ科の野菜類は、すぐれたデトックス野菜として知られます。

ほとんどのアブラナ科の野菜(キャベツ、芽キャベツ、ケールほか)には「スルフォラファン」と呼ばれる化学物質が含まれており、身体のデトックスをサポートしてくれます。また、肝臓のデトックス機能を改善するのに役立つ抗酸化物質、グルタチオンやカロテンも豊富にふくまれます。

デトックスのみならず、アブラナ科の野菜は、他のどの科の野菜よりも抗ガン物質とされる、インドール類、ジチオールチオニンやグルコシノレイトが豊富にふくまれることでもよく知られます。

腎臓と膀胱のセルフデトックスもサポート 【アスパラガス】

 グリーンアスパラガスにふくまれるアスパラギン酸(アミノ酸の一種)は、新陳代謝を促進し、タンパク質の合成を高める働きをします。末梢血管を拡大し、心臓の収縮を増強し、尿量を増やすなどの効果によって血圧を調整。動脈硬化の予防にもなります。もちろん、デトックス効果バツグンです!

アスパラガスは、腎臓と膀胱がセルフクレンズするのをサポートすることでも知られています。

アスパラガスは他の野菜類に比べ、タンパク質が多く、ビタミンB1、B2、E、カロテンなども比較的多くふくまれています。増血に必要な葉酸もたっぷり。肝機能を改善にも有効です。デトックスを促進する抗酸化物質であるグルタチオンもふくまれています。

 ポパイも真っ青!消化器官内のデトックス効果【ホウレン草】 

 生のホウレン草には、消化器官内の浄化、再生、若返りに必要な、最高の有機成分がふくまれます。ジュースにして毎日一杯飲むだけで、もっともひどい便秘すら改善。大腸にたまった“ゴミ”を効果的に掃除するだけでなく、腸管全体の治癒もすすめてくれます。

ホウレン草が貧血にいいといわれるのは、鉄分が他の野菜の約2倍ふくまれているからですが、ほうれん草には、ビタミンA、C、E、Kのほか、チアミン、葉酸、カルシウム、鉄、マグネシウムほか、多くの栄養素がふくまれます。 ホウレン草のフラボノイドは、抗酸化物質として作用し、コレステロールが体内で酸化するのを防ぎます。

ホウレン草のシュウ酸を気にする人も多いようですが、毎日1キロ以上食べたり飲んだりしないかぎり問題はありません。フィト(植物)栄養素補給のためにも、デトックス食材としても、おおいに利用したい野菜です。

血液の浄化、腎臓・肝臓・尿路のデトックスに 【パセリ】 

 パセリといえば料理のつけ合わせくらいにしか思われていないかもしれません。しかし、パセリは葉緑素をたっぷり含み、血液の浄化、腎臓、肝臓、尿路のデトックスに役立ちます。また、胃もたれを落ちつかせてくれるだけでなく、多くの慢性病の原因となる腸内の腐敗も防止してくれます。

ベータカロチン、ビタミンB1、B2、C、ナイアシン、カリウム、硫黄、カルシウム、マグネシウムなどを多く含むパセリジュースは、とくに毛細血管や小動脈を健康な状態に保つようにバランスをとり、動脈硬化や脳卒中の予防にも役立ってくれます。

パセリは神経を刺激する作用が強く、気分を高めたいとき、精神的にエネルギーアップしたいときには最適です。ただ、一度に多量に使うと神経系等に刺激を与えすぎて、ダメージにつながりますので、1回に30ml以上は飲まないこと。かならずニンジンまたはセロリ、リンゴなどと混ぜて使うようにしてください。 

 美肌づくりに欠かすことのできない 【ゴボウ】

 欧米では、ゴボウは血液浄化のためのハーブとして古くから使われてきました。生理不順にもよいとされ、新陳代謝を高め、血液循環を促進し、婦人の血の道をよくし、古血を下すなどの効果があることが中国の研究で確認されています。

老廃物のスムーズな排泄、利尿作用なども知られ、まさに代表的デトックス食材です。

肌や胃腸のトラブルにはゴボウの煎じ汁が一番です。ゴボウは皮つきのまま、泥などを落として、よく洗います。そのままサキガキにして1リットル程度の水とともに鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて、水が半分になるくらいまで煎じます。この煎じ汁を1日2~3回にわけて飲めばOK。ひどい肌時、アトピー性皮膚炎にも効果的で、でも1週間もすればピッカピカの肌に!!

 ガーリック・パワーで、デトックスも【ニンニク】

 数千年の昔から、エジプトやヨーロッパ、中国他、世界各国で、さまざまな疾病の治療にニンニクは使われてきました。ニンニクに関する科学文献は数多く、心臓病、脳卒中、ガンの進行・発病を遅らせる薬効成分や、広範囲の感染に有効な成分があることが明らかにされています。

ニンニクは、抗ウイルス、抗菌、抗生物質として働いてくれるだけでなく、白血球の生成を促進し、毒素との戦いを助けるアリシンを、また、体内の水銀やヒ素の排出に働くセレニウムなどもふくまれています。

ニンニクはまた、消化酵素の分泌を促す作用と同時に、整腸作用や腸のクリーニング効果があり、過剰にガスが溜まるようなときには、とくに有効です。

ニンニクは生で食べるのが一番なので、サラダドレッシングにつぶしたニンニクを加えるなどして、風味と健康を同時に高めましょう。
ちなみに、玉ねぎにも似たような効果がありますが、多少効果が緩やかです。

 まとめ

・新鮮な野菜や果物には、デトックスに必要な多くのビタミン、ミネラル、食物繊維他、解毒プロセスにおいて暴れまわる活性酸素除去のための抗酸化栄養素が多くふくまれている。

・もともと私たちにそなわっているデトックス機能をサポートするには、ここにあげた食材に限らず、新鮮な野菜や果物、複合糖質、タンパク質、健康的な脂肪(EPAやγリノレン酸)を、日々の食生活に賢くとり入れることが大切。

 

あなたが最高の健康を手にいれ、いつもハッピーで、ありますように・・。